日新グループ 島根合板㈱ 生産2課



日新グループ 島根合板(株)
佐々木裕樹(ササキユウキ)
生産2課 係長
平成17年(2005年)4月 入社

 


山陰から世界へ


就職を考えていた頃、企業紹介で合板メーカの日新グループを初めて知った。西日本でシェアが1位。
日本でも有数の合板メーカーと聞き興味を抱いて応募。採用担当者からはグローバル展開をしている事を聞き、山陰から世界への発信にかかわっていきたく入社を決めました。

ものづくりにすごく真面目


入社から配属は、単板ドライヤーと、単板の品質管理。
前工程で数mm厚に切削された単板を乾燥し、品質のチェックをする事です。
木材の縮、ワレなど乾燥後に発生しやすく、製品として組み上げる前のいわば全部品の品質を見ています。
自然の恩恵である木と、その日の環境(温度湿度)とも対話。毎日新しい発見をして、乾燥工程機器の調節をしています。お客様が直接見て触れる合板の表面から、中の積層単板1枚1枚に責任を持って、「そこまでするか」という姿勢で取り組んでいます。

皆で意見を交わすことが大事


生産現場では、その日使用する材種や、環境湿度、温度などの影響で、毎日が同じでは良い合板はできません。
木の変化をいち早く察知し、機器に取り付けてあるセンサー等で感知。数値と総合し、チームや、全ての現場と意見交換をおこなっています。品質のブレが出ないよう、細心の注意を払い、チームで創った製品が結果、お客様からの信頼を得られていくと考えています。

自分の仕事が役に立てたと実感できた


昨年、入社8年で念願の一戸建てを購入。
購入までの道のりは、家族で様々な展示場をまわったり、実際の建築現場に足をはこんだりと。
2人の息子は、はしゃいでいましたが、現場では、島根合板のロゴが入った合板を目にしました。
家の構造体となっていく合板が、これから迎えるであろう家族を守ってくれると思うと、未来に繋げる仕事が出来たなと実感がわき、またお客様にも喜んでもらえるよう頑張ろうという気持ちになれます。

(記)2015年3月現在

ページの先頭へ