沿革

昭和22年10月  8日

島根県八束郡宍道町に日新林業株式会社を創立、合板製造および木材業・製材業を事業内容としてスタート。
創立時の役員は取締役社長・田部長右衛門(23代)、専務取締役・山根直政、常務取締役・又賀清一。

昭和24年  8月26日

島根県合板協同組合設立。

昭和34年  9月  1日

鳥取県境港市外江町に新日本合板株式会社を設立。

昭和34年10月  6日

益田市有明町、西日本木材工業株式会社がグループに参加。

昭和38年  9月30日

松江市岡本町、更生会社湖北ベニヤ株式会社(管財人・又賀清一)が更生手続きを終結し、正式にグループ参加。

昭和41年  4月  1日

浜田市周布町に日本海合板株式会社を設立。

昭和45年10月21日

松江市富士見町に、湖北ベニヤ株式会社富士見工場を設立し、操業開始。

⇒当時のパンフレット(PDF)

昭和58年  1月  1日

湖北ベニヤ株式会社本社を富士見工場所在地に移転。

昭和58年  4月  1日

中央林産商事株式会社設立。

平成  2年  5月  8日

平成木材株式会社設立。

平成  7年  1月  1日

日本海合板株式会社と西日本木材工業株式会社は合併し、西日本海合板株式会社を設立。

平成  8年12月  1日

新日本合板株式会社は日新林業株式会社と合併し、日新林業株式会社新日本工場となる。

平成  9年  4月  1日

島根県合板協同組合 浜田針葉樹工場を設立操業。

平成10年  9月24日

株式会社 日新 設立。

平成12年  1月  5日

株式会社 日新本社工場 操業開始。

平成21年  5月  7日

平成木材株式会社は日新林業株式会社と合併。

平成22年  4月  1日

西日本海合板株式会社は島根合板株式会社に社名変更。

平成23年  4月  1日

株式会社日新 四国工場 操業開始。

平成23年  4月12日

株式会社 木ノ道設立。

平成23年10月17日

島根県合板協同組合生産施設を島根合板株式会社に譲渡。

平成24年10月  1日

日新ホールディングス株式会社設立。

平成25年  6月  7日

日新バイオマス発電株式会社設立。

ページの先頭へ