合板の用途~私達の身近で使われています~

普通合板

合板の種類 用途
普通合板 従来からベニヤ板といわれていた合板で、一般的な用途に広く使われる合板。ラワン・シナなど広葉樹が主な原木で、樹種名を付けてラワン合板・シナ合板などと呼ばれる。
コンクリート
型枠用合板
コンクリート打込み時にその堰板として使用される合板で、ラワンの他、針葉樹のものもある。一定の強度を備えた合板で建築用の型枠として多用される。
表面加工コンクリート
型枠用合板
通常のコンクリート型枠用合板の表面に塗装・オーバーレイなどの加工をしたもの。打放し仕上げに良好な結果が得られるとされているので、土木用型枠として多用される。
構造用合板1級 木質構造建築物の構造耐力上、必要な部位に使用される合板で、〈Kプライ〉と呼ばれる。
構造用合板2級 一級と同様に使用されるが、針葉樹合板が主である。

特殊合板

合板の種類 用途
天然木化粧合板 普通合板の表面に、美観を目的として天然銘木(チーク・ローズウッド・ウォールナット・スギ・スプルースなど)の薄い単板(スライスド単板)を貼り、住宅の内装用や家具用に用いられる合板。
特殊加工化粧合板 普通合板の表面に美観と耐久性を目的として天然銘木以外のものを貼ったり、木目模様などを印刷加工したりした表面加工合板で、オーバーレイ合板・プリント合板・塗装合板などがある。オーバーレイ合板はメラミン樹脂・ポリエステル樹脂・金属箔・布・PVCシート等を貼っているものがある。プリント合板は普通合板の表面に木目等を印刷した模様紙(パターン紙)を貼っている。
表面性能には区分がある。
溝付け加工
(U溝・V溝)
天然木化粧合板、特殊加工化粧合板では表面に溝付け加工を施した製品もある。

(資料:日本合板工業組合連合会「合板のはなし」)

ページの先頭へ