針葉樹合板

  

今まで、合板の材料の主流であった広葉樹。熱帯雨林の保護のため、再生可能で持続的生産が容易な針葉樹へ原木の転換を図っています。針葉樹合板は、低コストなだけでなく、寸法安定性、曲げ強さ、引っ張り強さ、せん断強さ、耐衝撃性なども優れており、軽量であるという優れた特性を持っています。

主用途/壁
アルカリフェノール樹脂使用
JAS F☆☆☆☆
特類・2級(1級) C-D
主用途/壁
アルカリフェノール樹脂使用
JAS F☆☆☆☆
特類・2級(1級) C-D
主用途/床
アルカリフェノール樹脂使用
JAS F☆☆☆☆(F☆☆☆)
特類・2級(1級) C-D
主用途/屋根
アルカリフェノール樹脂使用
JAS F☆☆☆☆
特類・2級 C-D
主用途 コンクリート型枠用
アルカリフェノール接着剤使用
JAS F☆☆☆☆
Ⅰ類 C-D
主用途  壁、床
アルカリフェノール接着剤使用
JAS F☆☆☆☆
特類 2級 C-D
主用途  天井野縁、胴縁、その他
ページの先頭へ